Home > スポンサー広告 > ドキドキハラハラの半月〈Part3〉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

うめ URL 2007-05-09 (水) 11:18

何々・・・黄金色のおまんじゅう渡したんとちゃう?
ってうそ~

鈴鹿でカートに乗ってただけあってカーブはお茶の子さいさいだったのかな?

とにかくおめでとう^^

今度は乗せてね~
鎧兜来ていくから(笑)

midori URL 2007-05-09 (水) 14:56

>何々・・・黄金色のおまんじゅう渡したんとちゃう?
>ってうそ~

あ、なんでわかったん!?(笑)

>鈴鹿でカートに乗ってただけあってカーブはお茶の子さいさいだったのかな?

以前試験を受けた人が「カーブではもっとスピードを落として」って言われたって言ってたから、カーブでは減速~~~~!(笑)
いつもしないのに(笑)

>とにかくおめでとう^^

ありがとう~~~!!!

>今度は乗せてね~

乗せるよ~乗せる乗せる!

>鎧兜来ていくから(笑)

目立つけど、いい!?(笑)
防弾チョッキも忘れずに。。。

mariko URL 2007-05-10 (木) 16:53

なんだか、読んでてもハラハラしちゃいましたよ!

人、車通りが多い地区だったのですね。(しかも、工事中まで。。。)

とにかく、おめでとうございます!
また、一つ問題クリアですねvvv

midori URL 2007-05-10 (木) 20:54

ありがとうございます~~~!!ξ*^▽^*ξ
緊張感、伝わりました?(笑)
早朝からの緊張感は解けるまでにかなりの時間を要して、実に3時が回るくらいまで緊張感が残っていました(^o^;

経験者が語る「オフィサーによる」というのは事実だったわけです(笑)
大きな関門を突破して、これでやっと落ち着けたという感じです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://kamhwy.blog17.fc2.com/tb.php/582-e48d01c2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from midoriの海外永住生活 2年目

Home > スポンサー広告 > ドキドキハラハラの半月〈Part3〉

Home > 免許取得 > ドキドキハラハラの半月〈Part3〉

ドキドキハラハラの半月〈Part3〉

さてさて、Part1、Part2に続いてPart3です。
私が予約したプラクティカルテスト(実地試験)は朝7時から(夜明け頃です)約1時間。

到着したのは今朝6時45分。
AAの入口はまだ鍵がかかっていて入れません。

この時点では私はテンポラリーライセンスと言って1人では運転できない状態。
フルライセンスを持っていて運転歴2年以上の人が助手席に座らなくてはなりません。
(と言っても仕事の時や買物、昨日のW.O.Fには1人で行きマシ・・・)
なので、隣人のシシリアについてきて貰いました。



現地はスーパーなどが隣接している、ちょっとしたショッピングモールの一角だったのですが、どのお店も開いていなくてAAも中には入れず、こんな寒空の下シシリアにどこで待ってて貰おうか。。。と2人でマゴマゴしているところに書類を手に男性が一人歩いてきました。


「あの人に聞こう!」
と尋ねると、向こうから
「あなたはmidori(いや、本名で呼ばれましたけどね)ですか?」

、、、そうです、この人こそが私のオフィサーだったのです。


オフィサー「7時になったら、そこが開くと思うから中に入れるよ」
シシリア「ありがとう!(私に)頑張ってね!」
オフィサー「彼女だけに頑張ってって、私には?」
シシリアは固まってました(笑)




まずは先日貰った紙切れのテンポラリーライセンスを見せました。
それから簡単な車のチェックです。
気をつけなくてはいけないのがプラクティカルテストを受ける際の車の状態です。



・W.O.Fの期限が切れていない事
・ウィンカー、ブレーキランプ、ヘッドライトが切れていない事
・フォーンがちゃんと鳴るか




これだけの点検に合格してからオフィサーが助手席に乗ります。
乗り込んだらすぐにバックミラーの横にオフィサー用のミラーを取り付け、持っていた書類ケースに録音機械をセットする事に同意するか聞かれました。
勿論、断る理由も無く同意のサインをしてから、テストが3つに別れている事とスピード制限はあくまでも安全である事が条件で、、、等と運転に対する注意をうけ、指示の元に出発。



ショッピングセンターの駐車場を出てラウンドアバウトを越えて住宅地へ入り、右折左折、袋小路でのターンなどを何度も繰り返して車を停車。


オフィサー「じゃ、これから2段階目だよ。ハザードを覚えてね。主に動くものを覚えて、停車の指示をするから停車してから伝えてね。
7台も8台も来ていたらそれは台数を数えないで、沢山の車がどちら方向から、、、って感じでいいから」

とりあえず第一段階はOKだったよう。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
車を走らせ、


オフィサー「さぁ、ここからハザードを覚えて」



T字交差点の手前で言われました。

右から車が2台、歩行者が1人、左からも車が向かって来ていた。
覚えて。。。

交差点を過ぎたところで言われる通り車を停車。
オフィサー「じゃあ覚えたハザードを言ってみて」


覚えた通りに言うと、また車を走らせて次の交差点へ。
今度は4ツ又交差点。
同じ様にハザードを覚えて、停車後に伝えた。


がしかし、余りの緊張に記憶が、、、飛ぶ!Σ(?ε ?ノ)ノ


(右の向こ~うの方に人がいたような?いなかったような?)と考えていると、

オフィサー「それだけ?他にはなかった?」

と聞いてくれた。
一か八か!!!!!

私「右の方に歩いている人が。。。」


オフィサー「そうだよ、全部ちゃんと覚えて言わなくちゃだめだからね」

次はラウンドアバウトを2回、同じように繰り返しました。



一見怖そうなオフィサーはフィジー出身で奥さんと長男、長女、次女の5人でPapatoetoeというオークランド空港から車で5分のところに住んでいる人でした。


途中、日本の話やシシリアの話、身の上話なども話してくれて懸命に私の緊張をほぐそうとしてくれていたのが伝わりました。
途中、私はヒヤヒヤしながらも話をし、スピードメーターを見てミラーを見て。。。
忙しい忙しい(笑)



第2段階が終わり、第3段階に入る事が告げられ、第3段階は高速で走る事、そしてUターンをして戻ってくる事でした。


郊外へ郊外へ向かい、50km/h制限のところで工事区間に入り、30km/h制限のところを数分通りました。
今日は火曜日。
7時過ぎと言うと通勤の車がもうウヨウヨしているんですね。
私、渋滞を作ってました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
いつフォーンを鳴らされるか、鳴らされても相手には私がテスト中という事がわかってないからぶつけられたらどうしよ~~~~なんてドキドキハラハラしていました。

速度を見ると30km/h制限のところを35~40km/hにまで速度を上げて走ったりしてました。
この時点で失格のはずなんですよ。
でも何も言われず、そのまま工事区間が終わるや否や、30km/h規制のサインの隣りに80km/h規制のサインっっ(汗)


80km/h出したいけど、道は曲がりくねってるし上り下りを繰り返すから坂の向こうが見えない!!
80km/h出さねば!と思いつつも、いや、これは罠かもしれない、、、見晴らしの悪い場所で80km/hは出してはいけない!と言われるのかもしれないって、自分の中で戦った挙げ句に平均60km/hで走っていたわけです。




他のブロガーさん達が経験されたモーターウェイ(速度制限100Km/h)を私は走らず、80km/hが私の高速走行テストでした。




途中で人の家の入口で車の方向を変えてUターン、再び80km/h規制、工事規制区間を経て元のAAがあるショッピングセンターへの入口に。。。。


入ろうとした時です、私、もう終わるもう終わると焦っていたので前方から来ている車を過ってしまいました。
フォーンを鳴らされ、ああ、これで落ちたな。。。
いや、その前にスピード4回は越えてたし。。。
ハザードは聞かれなかったら全部言えてなかったし。。。。


ああ、今回はダメか。


とガックリ_| ̄|○





オフィサーはカリカリカリカリと2分程書き物をしていました。
その間、私はガックリ_| ̄|○




そして振り向くと、次々と注意されました。


・ミラー確認について、第1段階=ちゃんと見ていた。第2段階=見る回数が減った。第3段階=高速で走ってる間、殆ど見てなかった。

・高速走行が終わる時に2本の車線が合流したけど、そこで目視してなかった。

・50km/hのところを53km/hで走ってた。

・道路脇に車を停車させる際に入口より1mは空けなくてはいけないのに、入口にかかったりしてた。

・最後にフォーンを鳴らされたのは向かってくる車の速度をよく見て安全に道を過れるようになるまで待つ事、そして素早く過る事。



あと何だっけ。。。
そう、沢山沢山注意されました(;_;)



途中、オフィサーがシシリアを見つけて呼び寄せました。
「彼女も一緒に聞くと彼女も勉強になるでしょ」
ですって。



そして、


「合格です。ここにサインして」




!?






えええええええーーーーーーーーーーーっっ!!!Σ(?ε ?ノ)ノ


あんなにスピード違反したのに!?
あんなに注意されるところがあったのに!?
合格!?



サインをした後から涙が。。。(;_;)




シシリアは話の流れが掴めず、私の顔を見たら泣いているので落ちたのかと思ったらしく、真剣な顔。
オフィサーに尋ねるとオフィサーは「パスしたんだよ」って(笑)
「嬉しい涙なんだよ」って言ってました(;_;)



シシリアは約束の1時間も建っていなかった為、彼をお茶に誘いました(笑)

オフィサー「どっちにしろ電話するから、そして娘の結婚式に呼ぶから。お茶もしよう(私が結婚している事は当然知ってますよ~)」

シシリア「あら!私は!?」

オフィサー「君がいなかったら彼女とこうして知り合う事ができなかったんだから、当然一緒だよ」(笑)



そんなやりとりの中、私は1人、涙・涙・涙でした(;_;)
オフィサー、走行途中に私の事を「リトル・シスターって呼んでいいか」って聞いてきたんです。


死角を目視しなかったら、100回のうち99回は大丈夫かもしれない。
それは経験から大丈夫と思ってしまうから。
ただ、あとの1回は大丈夫じゃないかもしれないでしょ、そんな事でリトル・シスターを無くしたくないからね。
って、最後に注意してくれました。



『紙切れのテンポラリーライセンス』と『注意書きが長々と書かれた紙』↓
フルライセンス
を受取りました。
あとは後日、写真付きのライセンスが送られてくるのを待つのみとなりました。



やはり誰もが言う通り、担当オフィサーによるな、と心底思いました。

長~~~~くなっちゃいました。
今夜のお祝いの準備にとりかからねば!

あ、主人が帰って来たら「落ちた」と言う予定です(笑)
今日、途中で主人に会っても言わないで下さいね、受かったって!


(文章を見直す時間がありません、誤字脱字があったら後ほど直しますっっ)
↑本日直しました。5/10
スポンサーサイト

Comments:4

うめ URL 2007-05-09 (水) 11:18

何々・・・黄金色のおまんじゅう渡したんとちゃう?
ってうそ~

鈴鹿でカートに乗ってただけあってカーブはお茶の子さいさいだったのかな?

とにかくおめでとう^^

今度は乗せてね~
鎧兜来ていくから(笑)

midori URL 2007-05-09 (水) 14:56

>何々・・・黄金色のおまんじゅう渡したんとちゃう?
>ってうそ~

あ、なんでわかったん!?(笑)

>鈴鹿でカートに乗ってただけあってカーブはお茶の子さいさいだったのかな?

以前試験を受けた人が「カーブではもっとスピードを落として」って言われたって言ってたから、カーブでは減速~~~~!(笑)
いつもしないのに(笑)

>とにかくおめでとう^^

ありがとう~~~!!!

>今度は乗せてね~

乗せるよ~乗せる乗せる!

>鎧兜来ていくから(笑)

目立つけど、いい!?(笑)
防弾チョッキも忘れずに。。。

mariko URL 2007-05-10 (木) 16:53

なんだか、読んでてもハラハラしちゃいましたよ!

人、車通りが多い地区だったのですね。(しかも、工事中まで。。。)

とにかく、おめでとうございます!
また、一つ問題クリアですねvvv

midori URL 2007-05-10 (木) 20:54

ありがとうございます~~~!!ξ*^▽^*ξ
緊張感、伝わりました?(笑)
早朝からの緊張感は解けるまでにかなりの時間を要して、実に3時が回るくらいまで緊張感が残っていました(^o^;

経験者が語る「オフィサーによる」というのは事実だったわけです(笑)
大きな関門を突破して、これでやっと落ち着けたという感じです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kamhwy.blog17.fc2.com/tb.php/582-e48d01c2
Listed below are links to weblogs that reference
ドキドキハラハラの半月〈Part3〉 from midoriの海外永住生活 2年目

Home > 免許取得 > ドキドキハラハラの半月〈Part3〉

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。