Home > スポンサー広告 > 親愛なる友人の経験から《第一章》

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Anne URL 2006-08-26 (土) 01:05

持つべき物は友達!
面白い物を送ってくれるよね。。何処で見つけるんだろう?(笑)
新しい仕事も大変だと思うけど、地道に頑張ってね!!

それと私の日記を変更しました。
農園日記じゃ、、農園日記ネタばっかり探していたし(笑)
そちらも宜しくね~~

ひつじ URL 2006-08-26 (土) 18:01

事故は大変です。知ってはいても身近に体験を話してくれる人がいると余計に気をつけよう・・・って思います。
これからもMくんは大切なお友達ですね!

midori URL 2006-08-26 (土) 18:12

面白い贈り物ですよね、、、特に海外で受取ったので嬉しかったです(^ー^)

>新しい仕事も大変だと思うけど、地道に頑張ってね!!

頑張ります~!!
どんな仕事も最初は大変ですね、覚えなければならない事がた~くさんあり過ぎ~~(^o^;
まずはスタッフの名前、、、全部外国の名前なんだもん(笑)
NZ人はもちろん、インドなども混ざってるから、覚えるのが難しいっ(>_<)
ちなみに私は初日に英語名を命名されました(笑)

midori URL 2006-08-26 (土) 18:19

身近な人の事故って、Mくんがはじめてだったので、多くの事を学ばせて貰いました。
他人事ではないという考えが吹っ飛んで一気に近い存在になった出来事でした。
NZ、特にオークランドは事故が多いところなので自分の運転だけではなく、他車の運転も充分に配慮しながら走らねばと、これからこっちの免許をとる私に改めて叩き込まれたような気がします。
ひつじさんも事故には気をつけて下さいね(^_-)☆
Mくんは永遠の友達です(^ー^)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://kamhwy.blog17.fc2.com/tb.php/429-50f809b6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from midoriの海外永住生活 2年目

Home > スポンサー広告 > 親愛なる友人の経験から《第一章》

Home > 未分類 > 親愛なる友人の経験から《第一章》

親愛なる友人の経験から《第一章》

先日、日本の友人(以降Mくん)から送られて来たプレゼントをこのブログで紹介しました。
過去記事へ 
Mくんとは、もう13~4年の付き合い(^ー^)
仕事ができる、頭の回転がいい、気がきく、そして礼儀正しい、とてもいい友達です。


おっと、、、これから先はMくんのメールが長いので私の説明はここまでとして。
この内容をどうか、他人事とは思わないで読んで下さい。
いつ自分に、または身内に降り掛かってくるか分からない事だとして読んでみて下さい。


第一章(ブログを意識していない)の超~~~~~~~~~~~~長い(笑)メールを送って来てくれたMくんにブログで紹介したい旨をお願いしたところ、快諾してくれ、第二章、第三章も送って来てくれました(^_-)☆
メールの内容はMくんが送って来てくれた、そのままの文章で載せています。






【第1章】

事故日:2002/7/20の午前か午後か記憶に無い(昼前後だったような・・・)
事故場所:愛知県の三河湾スカイライン(3週間ぶりに週末が晴れた)

事故状況

SUZUKIのGSX?R1000
(確か車重200?で160馬力だったような。軽く250?/h出る化け物)で左コーナーを立ち上がる時(カーブから直線に段々変わってくからアクセルを空けて加速する状態)ハイサイド(後輪のタイヤのグリップ力が無くなり滑るけどある地点で急にグリップ力が回復する)を起し転倒、(転倒時に幸い誰も巻き込むことなかった)頭強打(脳挫傷)で両太もも骨折(今でも金属プレートが入ったまま)と両膝のお皿の骨ボコボコ(整形外科医がレントゲン見るとアララらしい)で救急車で病院へ(後続のバイクの方が一部始終を見てて救急車や家に連絡してくれた)皮ツナギを着ていたんで出血はほとんど無かった。



ここから約50日の記憶がない。
意識不明らしい・・・




で検査とかしても何処が悪いかわからず・・・(顔と頭はご愛嬌で(;^_^A アセアセ )
病院が家から片道2時間近くかかるので9月に名古屋市内のリハビリ専門病院に転院。(中高年が多い。主に脳梗塞等を起した人)
また検査だが何処が悪いか判明。
首の上のほう“延髄”の“脳幹”てとこが壊れててそこは到底現代医学では手術できない。
後、細胞が再生しない箇所。
呼吸の神経も通ってるんでそこ神経が切れてたら僕はチーンですた・・・。
頭を打ってる後遺症で話は充分理解できるんだけど大きな声が出せない。カツゼツが悪い。

【僕の後遺症】

・身体の右半分すべて温度感覚が鈍い。熱い物冷たい物が分からない。極端な物は別。左側は正常
・身体の左半分は汗をかかない。=体温調整が悪い。人によっては全く汗をかかないために身体に熱がこもり最悪死ぬ。だからエアコンなど必需品
・右の耳の小さい音が聞きズライ
・身体の左側に筋肉が付きズライ。今もそうだが筋力に明確な左右差がある。
・左側の筋肉が収縮してる箇所があるので軽いストレッチで凄く痛い。
・今は暖かいから良いが基本的に寒いと動きが悪い。だから適度に暖かい方が体調が良い。
・平衡感覚がちょっと悪い。
・ちょっと下だけど膀胱障害。尿が出きらないと膀胱から腎臓に尿が逆流して腎炎を起しモレナク高熱プレゼント\(゚o゚;)/ウヒャー39℃や40℃。だから日に3?4回膀胱を空にする自己道尿をする。カテーテルを膀胱に入れ尿を出し切る。どこからカテーテル?そんな事聞いちゃイヤイヤr(^^;)ポリポリ

カテーテル





で重要な事がもう一つ分かり、食べ物の飲み込み(これを嚥下と専門用語で言う)に障害が出てて、普通に水とかを飲むと食道へ行くのが僕は気管に入ってしまう(気管に何か入ると咽るのは肺に入るといけない物を判別して出す、人間の機能。この咽とかがないと肺炎を起し→高熱→死。老人に肺炎で死ぬ人が多いのはこれもあるらしい。誤嚥と言う:誤嚥肺炎)

だから胃に穴を開け管で栄養、水分を注入する方法を取る。(この管の手術は最初の病院でおこなってから転院して来た)←これでも簡単な説明だよ。

ある意味カロリーコントロールされてるから太らない(因みに事故時の体重73kgで入院時一番体重落ちて52kg・・・これは脂肪ではなく筋肉<力>が落ちるので良くは無い。現在は63kg前後。)
この管が家に帰る当日まで付いてた。今は口からホボ何でも食べれる(甘い物、ビール大歓迎!!(*^Q^*)/^ )




この病院に年明け2月頭まで(本当は2ヶ月なんだけど僕は4ヶ月も居れた)いてまた転院(今度はさらに家から近い総合病院、若い車椅子の人が多い)して本格的なリハビリ開始。メインは筋力アップと残った機能で身体を動かす方法を教えてもらう。



*僕もそうだったんだけど誤った認識が多いのが現状

車椅子の人=どういう人を想像しますか?
車いす






人くちに障害者と言いますが障害者にもイロイロで事細かく分けると・・・・・


身体障害者=歩けないだけで腰から(人によっては胸から)上は身体は正常だけど車椅子利用や指1本、足1本無くてもそう。内部疾患で腎臓の機能が悪く見た目じゃあ分からない人等
         
中途障害者=大抵の人は五体満足で生まれたんだけど事故や病気で身体障害者になった人

知的障害者=脳の機能が充分でなく記憶障害等を起きる

等々






リハビリがあるから続きは第二章で



★★★★★※★★※※★★※※★★※★★★★★


Mくんが事故を起こして意識不明だった約50日の時、私はワーホリでNZにいました。
友達からのメールで知り、余りのショックと、どうする事もできない自分に悔しくて悲しくて涙が止まりませんでした。

数日後、姉には伝えましたが、余りにショックが大きいと思った為、母には伝えませんでした。
私にとってはそれほどショックな出来事だったのです。
スポンサーサイト

Comments:4

Anne URL 2006-08-26 (土) 01:05

持つべき物は友達!
面白い物を送ってくれるよね。。何処で見つけるんだろう?(笑)
新しい仕事も大変だと思うけど、地道に頑張ってね!!

それと私の日記を変更しました。
農園日記じゃ、、農園日記ネタばっかり探していたし(笑)
そちらも宜しくね~~

ひつじ URL 2006-08-26 (土) 18:01

事故は大変です。知ってはいても身近に体験を話してくれる人がいると余計に気をつけよう・・・って思います。
これからもMくんは大切なお友達ですね!

midori URL 2006-08-26 (土) 18:12

面白い贈り物ですよね、、、特に海外で受取ったので嬉しかったです(^ー^)

>新しい仕事も大変だと思うけど、地道に頑張ってね!!

頑張ります~!!
どんな仕事も最初は大変ですね、覚えなければならない事がた~くさんあり過ぎ~~(^o^;
まずはスタッフの名前、、、全部外国の名前なんだもん(笑)
NZ人はもちろん、インドなども混ざってるから、覚えるのが難しいっ(>_<)
ちなみに私は初日に英語名を命名されました(笑)

midori URL 2006-08-26 (土) 18:19

身近な人の事故って、Mくんがはじめてだったので、多くの事を学ばせて貰いました。
他人事ではないという考えが吹っ飛んで一気に近い存在になった出来事でした。
NZ、特にオークランドは事故が多いところなので自分の運転だけではなく、他車の運転も充分に配慮しながら走らねばと、これからこっちの免許をとる私に改めて叩き込まれたような気がします。
ひつじさんも事故には気をつけて下さいね(^_-)☆
Mくんは永遠の友達です(^ー^)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kamhwy.blog17.fc2.com/tb.php/429-50f809b6
Listed below are links to weblogs that reference
親愛なる友人の経験から《第一章》 from midoriの海外永住生活 2年目

Home > 未分類 > 親愛なる友人の経験から《第一章》

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。