Home > スポンサー広告 > 船便荷物のダメージ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ひつじ URL 2006-07-21 (金) 23:08

輸入会社にいたとき、LCL(コンテナを共有する貨物)はダメージをかなり覚悟してました。特にワインとか割れ物。
荷物は、投げられ放られ落とされ・・・を覚悟しないとダメなようです。AIRも同じですから、自衛しか手はありませんが。
でも最小ダメージでよかったですね。
お茶も飲めます!

midori URL 2006-07-21 (金) 23:47

ひつじさんもコメント早っっ!!(笑)

安全な荷物の運び方って、自分で機内に持ち込む以外に方法はないようですね(TOT)
やはり、人の荷物だから「どうなってもいいや、壊れたって保険にはいってるだろう」というのが伝わってきますね。
荷物が手もとに届くまでの間、主人と何度も「マッサラでは届かないだろう」とは話してはいたのです。

緑茶、今日はじめて飲みました。
中身には全く影響がなく、美味しく頂きました!
主人が風邪気味なので、緑茶で殺菌しようと、飲んでもらったんです(^ー^)

KIKI URL 2006-07-22 (土) 03:11

やっぱり、投げられ蹴られていますね。私は船便で荷物を沢山送る引越しというのはしたことがありません。ハワイからアメリカ本土に引越しした時は、楽譜と書籍が主だったので、郵便局のBook rateを使って送ったことを覚えています。それ以外の引越しは、日本のように単身引越しサービスがないので、いつもトラックを持っている友達が手伝ってくれました。

でも最小ダメージでよかったですね。一つでもなくなっていたら、やっぱりショックですし...

midori URL 2006-07-22 (土) 11:52

KIKIさんも何度か引越しを経験されていらっしゃるんですね(^_-)☆
今回の様に大きな引越しは私ははじめてで、引越しってなんて大変なんだ~~~~と、思い知らされたのであります(^ー^;)
荷物、少ない方が比べ物にならないくらい楽なんだな~って、わかりましたしね。

投げられ、蹴られ、上を歩かれ、、、その苦難を耐え抜いて来た荷物に感謝です~~~~(>_<)

Anne URL 2006-07-22 (土) 14:45

わ!!酷いなぁ
船便もだけど飛行機もものすごく投げられたりしますよね。
今回の帰国でサンフランシスコで飛行機に乗せられる自分達の荷物を
窓から見てたのだけど
ぼんぼん投げてた。
お菓子一式買って帰ったけど、、これは手荷物にしましたよ~

midori URL 2006-07-22 (土) 16:07

そうそう、飛行機もヒドいみたいですね、それに耐えうるスーツケースって凄いな~って思いますから(そっちかい!(笑))。
私の場合、飛行機で預ける荷物に関しても、今回のパッキングと同じ状態(割れ物、壊れ物は真ん中に)にするんです。

64個のパッキングをしたあとの飛行機に乗せる荷物のパッキングなんて、ちょ~簡単!って感じでした。
そりゃそうですよね、、、800kgと50kgそこそこの荷物とじゃあ比べ物になりませんもん(^ー^;)

飛行機に乗る際にはかなりの手荷物(40kgくらい!?)を持ち込んだ事があります。だって、大事なものばかりなんですもん、、、(笑)

P.S.はなわパックなる物をもってみえるんですね(^ー^)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://kamhwy.blog17.fc2.com/tb.php/368-302d7475
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from midoriの海外永住生活 2年目

Home > スポンサー広告 > 船便荷物のダメージ。

Home > 引っ越し > 船便荷物のダメージ。

船便荷物のダメージ。

船便の荷物は64個、全て揃って手元へ届きましたが、
荷物ダメージ1

荷物ダメージ2

荷物ダメージ3

荷物ダメージ4
こんな幾つかのダメージがありました。

そして、





お茶の缶
これはお茶の缶ですが、左側の缶は大丈夫でしたが、右側の缶はグチャっといってました(*_*)
この缶が入っていた箱の上に、、、
段ボールの足跡

お~きな足跡が!!!
しか~も、ちゃんと『割れ物注意』と書いてあったにも関わらず、明らかにドカドカと靴のまま歩いた跡。( ̄^ ̄)
パレットに積み上げられて、ラッピングされた荷物の山の上を人が歩いてるんだ、、、

船便を使う予定の方は、ラッピングをする際に割れ物注意と書く、書かないは関係なく、割れ物、壊れ物は箱の中の方~~~~~~~に入れておいた方がいいですよ(^_-)☆





今回の船便に関しては、思っていたよりはダメージが少なく済んだので、満足しています(^ー^)
スポンサーサイト

Comments:6

ひつじ URL 2006-07-21 (金) 23:08

輸入会社にいたとき、LCL(コンテナを共有する貨物)はダメージをかなり覚悟してました。特にワインとか割れ物。
荷物は、投げられ放られ落とされ・・・を覚悟しないとダメなようです。AIRも同じですから、自衛しか手はありませんが。
でも最小ダメージでよかったですね。
お茶も飲めます!

midori URL 2006-07-21 (金) 23:47

ひつじさんもコメント早っっ!!(笑)

安全な荷物の運び方って、自分で機内に持ち込む以外に方法はないようですね(TOT)
やはり、人の荷物だから「どうなってもいいや、壊れたって保険にはいってるだろう」というのが伝わってきますね。
荷物が手もとに届くまでの間、主人と何度も「マッサラでは届かないだろう」とは話してはいたのです。

緑茶、今日はじめて飲みました。
中身には全く影響がなく、美味しく頂きました!
主人が風邪気味なので、緑茶で殺菌しようと、飲んでもらったんです(^ー^)

KIKI URL 2006-07-22 (土) 03:11

やっぱり、投げられ蹴られていますね。私は船便で荷物を沢山送る引越しというのはしたことがありません。ハワイからアメリカ本土に引越しした時は、楽譜と書籍が主だったので、郵便局のBook rateを使って送ったことを覚えています。それ以外の引越しは、日本のように単身引越しサービスがないので、いつもトラックを持っている友達が手伝ってくれました。

でも最小ダメージでよかったですね。一つでもなくなっていたら、やっぱりショックですし...

midori URL 2006-07-22 (土) 11:52

KIKIさんも何度か引越しを経験されていらっしゃるんですね(^_-)☆
今回の様に大きな引越しは私ははじめてで、引越しってなんて大変なんだ~~~~と、思い知らされたのであります(^ー^;)
荷物、少ない方が比べ物にならないくらい楽なんだな~って、わかりましたしね。

投げられ、蹴られ、上を歩かれ、、、その苦難を耐え抜いて来た荷物に感謝です~~~~(>_<)

Anne URL 2006-07-22 (土) 14:45

わ!!酷いなぁ
船便もだけど飛行機もものすごく投げられたりしますよね。
今回の帰国でサンフランシスコで飛行機に乗せられる自分達の荷物を
窓から見てたのだけど
ぼんぼん投げてた。
お菓子一式買って帰ったけど、、これは手荷物にしましたよ~

midori URL 2006-07-22 (土) 16:07

そうそう、飛行機もヒドいみたいですね、それに耐えうるスーツケースって凄いな~って思いますから(そっちかい!(笑))。
私の場合、飛行機で預ける荷物に関しても、今回のパッキングと同じ状態(割れ物、壊れ物は真ん中に)にするんです。

64個のパッキングをしたあとの飛行機に乗せる荷物のパッキングなんて、ちょ~簡単!って感じでした。
そりゃそうですよね、、、800kgと50kgそこそこの荷物とじゃあ比べ物になりませんもん(^ー^;)

飛行機に乗る際にはかなりの手荷物(40kgくらい!?)を持ち込んだ事があります。だって、大事なものばかりなんですもん、、、(笑)

P.S.はなわパックなる物をもってみえるんですね(^ー^)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kamhwy.blog17.fc2.com/tb.php/368-302d7475
Listed below are links to weblogs that reference
船便荷物のダメージ。 from midoriの海外永住生活 2年目

Home > 引っ越し > 船便荷物のダメージ。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。