Home > 2007年09月

2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

緊張性頭痛の薬

私は20代で仕事をはじめた時くらいから頭痛持ちになりました。
ずっとずっと市販の痛み止めを飲んでいたのですが全く効きませんでした。
気持ちが悪くなる事もしばしば。
頭痛の種類は緊張型頭痛。
ストレスによって頭の中の太い血管がコントロールを失って膨張してその血管を取り巻く細い血管を押される事によって頭を押さえつけられる様な痛みと肩が凝る様な感じになります。

緊張型頭痛に効く薬ができたと聞いて、日本を出る前に入手してきました。
見事に効きましたよ♪
飲んですぐに頭がボワーンとするような感覚になって次第に痛みが治まります。

その薬、一度に貰える最高の量が1ヶ月分だったのでしっかり1ヶ月分を貰って来ました。
しかしそれがそろそろ無くなりそうなんです(TOT)

この薬がなくなったら、、、生きて行けない~~~~(ちょっと大げさだけど)



そこでNZでも同じ薬があるか調べてみました。
周りで一緒に働くナースや病院の先生にも尋ねましたが、どうやら同じ薬はないらしい(+_+)
病院の医師(中国人)に電子辞書に入っていた『医者からもらった薬がわかる本』が入っていたので、それを見せたのですが漢字はわかってもひらがなとカタカナがわからないのでちゃんとした意味はわかってもらえずでした(-o-;)

そこで考えたのが薬を出してもらった日本の医師に直接きいてみる!

その返事が来たのが一昨日です。

『ニュージーランドでは同じ薬は無い』旨が記されていました。
しかし出してもらった薬の英語の説明書が入手できたから送って貰えるとの事でした。

それが送られて来たら病院に相談に行こうと思っています。


こっちでもいろんな頭痛薬が売られているので、その内の1つを先週処方してもらいました。
それがコレ↓
イブプロフェン
きっと耳にした事があると思います。
イブプロフェン。
日本で売られている頭痛薬にも配合されていたりしています。
そのイブプロフェン、昨日試したら効かず。

次はもっと強い薬にしようと言われてます。


はたして私の頭痛にあった薬がこの国で見つかるのか。
いや、見つけねば!


日本から薬を持ち込む際の検査が非常に厳しいらしく、没収されるのを覚悟で持ち込まなくてはいけないと日本の医師に言われました。
どうやらその医師がサイン入りの薬の説明をつけたのにも関わらず通らなかった事があったとか。
だからこっちで探すのが1番いいのですね、今後の為にも。

『春』

ここ、ニュージーランドのオークランドは春真っ盛りです。
庭に来る鳥は芝刈りの後の枯れた草の破片をたくさんくわえては飛び去り、また来てはかき集めてくわえて飛び去り、そんな巣作りが朝早くから夕方日が落ちる寸前まで続けられています。

芝生の伸びも早くなってきました。
芝刈りは冬場は3~4週に1度ですが、夏期に入ると2週間に1度刈らないとすぐにボーボーになってしまって次に刈る時が大変になってしまうんです。
伸びてるとご近所から苦情もくるらしいですしね(^o^;


さて、そんな春は種まきと去年のこぼれ種から芽が出てくるのですが、私の庭や鉢にはこぼれ種からの発芽がここ数週間無く、寂しい思いをしていました。
がしかし、1つの鉢から可愛い双葉が2本だけ出て来たのです。
紫蘇の双葉2本だけ

友達に聞いたら紫蘇だって♪
やった~こぼれ種が冬を越して生えてきた*^▽^*


その友人からは紫蘇の苗6本をもらい、
もらった紫蘇6本ふくろいり

鉢に植え替えました。
植えたばかりの紫蘇6本

今年は紫蘇で調味料が作れるくらいになるといいんだけどな~



ペピーノはというと1号3号は順調に葉を増やしてワサワサしてきてるけど、一向に上に伸びる気配なし。。。
栄養が足りないのか、はたまた地植えにしたほうがいいのか?
でもいつ引越すかわからないから気軽に地植えにはできないし、今年は実を諦めるか?


ジャーーーーン!
そこへ加わったのがペピーノ5号。
ペピーのご豪初

私のペピーノ4号の葉が次々と無くなっていくのをみて焦りはじめた隣人シシリアが友人宅で立派に育っているペピーノの木から枝を貰って来てくれていたのです。
その1本をわけてもらい、数日水につけておいたら根がついたのでペットボトルの鉢に土を入れて植えました。

強い日に当てるとしんなりしてしまうので、今は日陰で育成中。
やっとガーデニングの時期、到来です。

ペピーノと今日の出来事。

順調と思われていたペピーノ4号がなんと。。。
順調と思われていたペピーノ4号
ぐったりしだしたのです(*_*)
かれこれ2週間くらい前からでしょうか。
どんどん葉が黒くなり周りから丸まってくる。
ペピーノ病気

去年のトマトが同じ病気にやられたので嫌な想い出が蘇ってきまして、黒くなった葉を次々とちぎっていったのですが、今ではこんな状態
すっきりしたぺp-イーの
見窄らしい。。。

こんな私のペピーノを見た隣人のシシリアは知人からペピーノの枝を貰って来てくれました。
今はそれを水につけてあって、3日前に根が出てきました。
何とか今年は自分で育てたペピーノを食べたいところですが、難しいかな。





昨日飢えたレモン
この鉢にレモンの種を植えてみました。
隣家で採れたレモンの種を残しておいたものです。
レモンってどうやって育てるかも調べずに植えちゃったけど、水さえあげていれば大丈夫かな。



そして、ついさっき帰宅したところですが、夜のハーバーブリッジを渡るツアーに行ってきました。
というのも主人の姪が5ヶ月間のオークランド滞在を終えようとしています。
まだノースショアに渡った事がないという彼女にハーバーブリッジからのシティの夜景を見せてあげたいという主人の望みがかないまして、
海からシティ
桟橋の先にいるのが彼女です。
スカイタワーは上から赤黄青という配色になってました。
何の色かわからなかったけど、キレイだった~♪

Home > 2007年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。